PRINT

monkeytunerecordsでは、Tシャツやパーカーと言ったアイテムに、オリジナルのデザインをプリントするサービスを行なってます。プリント方法は用途に合わせて2種類からお選びいただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。


PRINTの種類

SLIKSCREEN PRINT

※シルクスクリーンScreen printing)は、孔版画の技法の一種であり、インクが通過する穴とインクが通過しないところを作ることで版画の版を製版し、印刷する技法である。シルクを使うかどうかにかかわらず、孔版画の技法のうちメッシュを使うものは全て、この項目で説明する。(wikipediaより引用)

monkeytunerecordsでメインに行なっているプリント方法で、バンドTや単色のアイテムで見かける、一番ポピュラーな印刷方法。大量に生産するのに一番コストがかからない。


INKJET PRINT

インクジェットプリントはカラーコピー機の親玉みたいな機械で印刷する方法です。ですので、シルクスクリーンとは違い、色数も無限に使え、グラデーションの表現も可能なので、写真や画像などのプリントに向いてます。


それぞれのメリット・デメリット

シルクスクリーンのメリット

・大量生産に向いている  

印刷する際に製版するので製版代金はかかりますが、使用する色数が2色から3色までであれば、印刷枚数が多いほど一枚あたりの単価が抑えられます。

・発色が良い

専用のインク(プラスチゾル インク)を使用するので、濃色ボディにもはっきり綺麗にプリントされます。また、箔や蓄光、ラメ、発砲など種類も豊富に取り揃えてます。

・いろんな素材にプリント可能

Tシャツやパーカーなどの綿素材以外にも、ナイロン素材や紙、金属素材(電解マーキング)にもプリント可能です。

 

インクジェットのメリット

・色数に制限がない/グラデーションの表現が可能

色数に応じて使用する版を制作するシルクスクリーンとは違い、コピー機と同じ原理のインクジェットプリンターを使用するので、カラー写真などの画像データがプリント可能です。また、シルクスクリーンでは表現が難しいグラデーションも再現できます。

・製版代不要

画像データをそのままプリントするので、製版する必要がありません。

・柔らかな風合い

シルクスクリーンで使用するインクとは違い、水溶性のインクを吹き付けるので、柔らかく滑らかな風合いに仕上がります。

シルクスクリーンのデメリット

・少数生産には不向き

製版代金が最初にかかってしまうので、数枚だと単価が高くなってしまいます。

・色の表現に制限がある

同様の理由で、色数ごとにスクリーンを制作する必要があり、グラデーションや濃淡を使いたい場合はおすすめできません。(モノクロ2階調など一部のものはシルクでも可能)

・一部プリントできない素材がある

シルクスクリーンのプリントでは、専用のアイロンで熱を加え定着・乾燥させるため、ポリエステルやドライ系の素材へのプリントができません。※ポリエステルやドライ系素材は、熱を加えると縮んだり溶けたり、場合によっては色抜けするため。

インクジェットのデメリット

・単価が変わらない

制作する内容にもよりますが、画像データをプリントするので、1枚でも100枚でも単価は変わりません。

・彩度が落ちる/若干ぼやける

PCなどで制作したデータや写真などの画像で用いるカラーはRGBで表現されており、主にモニターで見るために発色が鮮やかです。一方、プリントに使用するカラーはCMYKで表現されているため、RGBに比べて彩度が落ちてしまいます。また、インクを吹き付けるため画像の解像度やデータの大きさ(サイズ)によっては若干ぼやけます。(そのあたりはかなり改善されていますが、シルクスクリーンに比べるとやはり多少ぼやけます。)オリジナルデザインを入稿される場合は必ずカラーモードがCMYK、画像の解像度が300ppmに設定した環境で制作していただくことを推奨いたします。

※CMYKとRGBの違いについては機会があれば記事にしたいと思います。

・濃色ボディに不向き

インクジェットプリントは水溶性インクを使うため、生地(素材)にインクが染み込みます。ですので、白ボディには綺麗にプリントされますが、黒や紺、グレーと言った濃色ボディに下処理せずプリントすると、色が生地に馴染んでしまい見えなくなります。黒い紙にコピーしても何も写らないのと同じですね。プリント箇所に下処理で白を入れることもできますが、この工程に追加料金がかかることがほとんどなのでご注意ください。


それぞれのプリントに向いているもの

 

シルクスクリーンとインクジェットで、それぞれメリット・デメリットを紹介しました。

では、それぞれに向いているものはと言おうと、シルクスクリーンは、塗りや線がはっきりしたイラストや、色数の少ない(または単色)ロゴなどが向いてます。また、色のグラデーションは再現が難しいですが、濃淡の表現は比較的再現ができるかと思います。一方、インクジェットプリントに向いているものは、色数の多いフルカラーのイラストや写真など、複雑で色数の多いものが向いてます。プリントをお考えの際は参考にしていただければと思います。

Tシャツやパーカーのプリントをお考えでしたらお気軽にお問い合わせください。上記以外にも要望に合わせて色々ご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせください。